主婦がキャッシングを利用する際の疑問

主婦のキャッシングQ&A

主婦がキャッシングを利用する際の疑問

キャッシングを利用している人のイメージはどんな人でしょうか。
お小遣いが足りない時に利用するサラリーマンでしょうか、それとも仕送りとバイトでは生活できない学生を想像しますか?
昨今ではキャッシングを利用するのは、サラリーマンや学生だけではありません。
家庭のお財布を預かる主婦の中にもキャッシングを利用している人、または利用してみたいと思っている人も少なくありません。
主婦とキャッシングはなかなか結び付かないと思われるかもしれませんが、その背景には、主婦ならではの切実な問題があります。

では主婦がキャッシングを利用するのはどういうときなのでしょうか。
その理由は実に生活に密着しています。
その代表的な理由は以下のようなものです。
・生活費が足りない
・冠婚葬祭により、急にまとまったお金が必要になった
・子供の養育費の足しにする(習い事や部活動の遠征など)
・家族の突然のケガや病気で医療費が必要になった
こうしてみるとわかるように、自分の贅沢のためというわけではなく、大半の理由が家族のために必要な資金を補てんするためだと言われています。

しかし、実際に主婦がキャッシングをするにあたり、いくつかの疑問が浮かびます。
その中でも多くの人が疑問に思うことが下記の3点です。
① 主婦でもお金を借りられるの?
② やっぱり主人には内緒にできない?
③ いくらまでなら借りられるの?

その答えは、ケースバイケースですが一般的には、①たとえ専業主婦であっても、配偶者に安定的な収入があれば申し込むことは可能であり②限度額は30万円程度と言われています。
また③ご主人の職場への在籍確認なく申し込めるカードローンもあるといわれています。

ただし、各ご家庭の状況(収入など)やローン会社によって審査基準は異なりますので、自分にあった条件のローンを選ぶことが大切です。